熱交換塗装(セキスイプロテクトコート)

建築物・道路表面・構造物にセキスイプロテクトコート(SPコート)を塗装することで
「ヒートアイランド現象」を緩和し、CO2排出削減に貢献します。

SPコートの特徴

平成20年度「改正省エネ法」により 「特定事業者」「特定連鎖化事業者」に指定された企業や団体(年間エネルギー使用量が原油換算で1,500kl 以上)にとって、エネルギー消費削減目標に貢献します。
太陽熱を塗膜内で熱交換して外部へ放出します。
SPコートを塗布するだけ。建物躯体に断熱層を作ったり緑化工事の必要がなく安価です。
工期の目安は、塗布面積1000m2として5日間程度です。
紫外線や摩耗に強く、耐久性にすぐれています。
熱交換性があるので、室内温度を低く保つことができ、空調等の使用を低減することでCO2を削減できます。

SPコートの原理イメージ

SPコートは、太陽熱をエネルギー交換材により大気中に放熱するので、表面および躯体内部の温度上昇を抑え室内への影響が少なくなります。
また、太陽光が弱くなると急激に熱を放出し躯体の温度を下げます。

SPコートの種類

  • SP10(建築物屋上用)
  • SP20 (建築物外壁・道路用)

SPコートの用途例

工場・折板屋根 熱交換塗装工事写真 工場・折板屋根 熱交換塗装工事
屋外プール写真屋外プールの足熱低減効果
  • マンション・一戸建て外装塗装や工場・物流倉庫の折板屋根塗装による冷房コストの削減
  • 車道・歩道の塗装による蓄熱交換(熱帯夜対策)
  • 屋外プール廻りの足熱低減効果(裸足歩行可能)
  • 防水シート・防水層の熱劣化防止効果
  • 家畜小屋の屋根塗装による遮熱対策

温度変化測定実験

2005年5月11日、一般塗料とSPコートを塗布したスレート鋼板の表・裏面温度を測定し、
温度差を確認する実験を行いました。

温度変化測定実験結果
表裏面温度測定結果
(測定日:2005年5月11日 / スレート 5mm)
時刻 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00
外気温 20.0℃ 20.6℃ 24.0℃ 23.8℃ 24.0℃



表面温度 33.3℃ 36.7℃ 48.9℃ 47.0℃ 45.4℃
裏面温度 30.3℃ 32.2℃ 41.6℃ 40.5℃ 40.2℃
S
P
2
0
表面温度 30.5℃ 34.0℃ 44.1℃ 42.7℃ 41.4℃
裏面温度 28.2℃ 30.0℃ 37.8℃ 36.4℃ 35.8℃

正午時点での一般塗料とSP20の表面温度の差は4.8℃あり、熱交換で熱エネルギーを放出していることが判明しました。
また、SP20の裏面温度は一般塗料と較べて低く、内面に熱を伝えていないことがわかります。

貫流熱量測定結果

(測定日:2005年5月11日 8時~17時)

貫流熱量測定結果グラフ
ページトップヘ戻る