なぜ積水なのか

“できない”を“できる”にする質の高い技術力と、
納品後のきめ細かなサポートが
長年たくさんのお客様から愛され続ける理由です。

積水アクアシステム株式会社は1964年、積水化学工業(株)エンジニアリング部門の分離独立として歩み始め、いくつかの社名変更や合併を経て、現在の姿として成り立っています。

樹脂加工の分野では日本屈指の技術と経験を持つ積水化学工業(株)を母体としていることで、製造プラント、上下水道インフラ、そして飲料用水槽から特殊な水処理機能を兼ね備えた水処理タンクなど、お客様のご要望を確実に叶えられるよう、知識と経験、そして技術を総動員することができる会社です。

  • なぜ積水なのか
  • precision_manufacturing プラント分野

    プラントに安心・クリーンな生産ラインを実現しています。豊富な品揃えによりさまざまな産業でメーカー様の生み出すチカラをサポートしています。

    precision_manufacturing 水処理分野

    生活の基盤となる水処理施設の構築から、老朽化対策・更新を承っています。自然の水循環を取り戻す積水の技術が安全で快適な街づくりに貢献します。

    grid_view タンクシステム分野

    生活に直結した大切な水をきれいなまま貯めて安定供給するほか、排水処理などの機能も持たせることができる、高度な技術力を集結させたタンクシステム事業部です。

  • precision_manufacturing トータルエンジニアリングの
    プラント・インフラ事業部

    お客様のご要望を丁寧にヒアリングすることから始まり、ニーズに沿った企画立案、設計、施工、メンテナンスに至るまで、トータルエンジニアリングで対応しております。
    弊社における各分野のスペシャリストたちが、経験と知識を集結させ、お客様の様々なご要望を、ひとつひとつ丁寧に形作ります。

    さらに、充実したメンテナンスと万全のサポート体制により、お客様と共に社会貢献の道を歩んでまいります。

  • プラント・インフラ事業部
    • プラント設備

      積水化学グループの各工場における設計・施工実績を技術基盤に、各種産業プラントの新設・増設にEPCにて対応しております。
      また、粉粒体ハンドリングやユーティリティー設備等、工場建設計画からご検討、ご提案いたします。

    • プラント設備
    • 排水処理設備

      工場排水や食品工場を中心に、微生物膜を利用した環境にやさしい排水処理を展開しています。さらに、独自の微生物製剤を活用した油脂分解処理や高濃度汚泥の減容化などを通じて、排水処理設備の機能改善・能力増強をシステムでご提案いたします。

    • 排水処理設備
    • 浄水・下水処理設備

      浄水場における薬品沈澱池の実績をもとに、下水処理施設における最終沈殿池にも傾斜板の活用を進めています。固液分離の効率化による既存設備の能力増強についてご提案いたします。

    • 上下水関連
  • タンクシステム事業部
  • grid_view 高度技術の集大成
    タンクシステム事業部

    大切な水をきれいなまま貯め、安定供給する水槽だからこそ、高度な技術の集大成でなければならない。私たちは皆様の生活にジャストフィットする高い品質を保持してきました。

    そのため水槽には、現在だけではなく次世代の生活環境・ライフスタイルを考慮した設計思想が大切と考え、毎日の生活に欠かすことのできない水を安定供給する、ベストの水槽として絶えず技術的に進化してきました。

    納品後もきめ細やかなサポートをすることで、水槽の機能を最大限に発揮させ、皆様の安心と安全をお約束しております。

    • パネル型タンク

      搬入、組立施工などの作業性に優れ、組立完了までの施工期間が大幅に短縮でき、場所や大きさに関係なく新設・取替えが容易です。

    • パネル型タンク
    • 水槽更新・補修工事

      水槽の耐震診断を行ない、適切なアドバイスと新耐震基準に適合した水槽の設置から維持管理までの支援体制を整えています。

    • 水槽更新・補修工事
    • 多機能タンク

      多機能タンクは用途に合わせた仕様変更や水処理機器などの組み込み化で、排水処理用などの幅広い用途にご使用いただけます。

    • 多機能タンク
    • 防災設備

      どんな災害にも必ず付きまとってくる飲み水・生活用水の確保のため、迅速に『水』の確保に必要なタンクシステムを構築します。

    • 防災設備

実際の震災でも水を守った新耐震技術

  • 阪神・淡路大震災では、至るところでライフラインが崩壊し、特に給水管が破壊されてバケツ1杯の水の貴重さが認識されました。

    行政では、今回の震災で得た教訓を活かして災害時の水確保の重要性を考慮し、建築物・建築設備の耐震基準見直しが行なわれました。
    セキスイはこの動きにいち早く対応して、セキスイタンクの新・耐震基準を確立しております。

    第1回の耐震実験を行った1970年(昭和45年)から耐震実験を繰り返し実施し、豊富なデータを蓄積してきました。
    1995年の阪神・淡路大震災後に、第6回目の耐震実験を行い、より優れた耐震型水槽の開発を行ないました。また、2020年にも耐震実験を行い、製品の改良を続けています。

世界のひとびとのくらしと地球環境の向上に貢献し、
“未来につづく安心”の創造を目指す

プラント・インフラ事業では、住宅やビルなど建築物向けの給排水管や空調配管から、工場向けのバルブや高機能管、上下水道など社会インフラ向にさまざまなサービスを展開しています。

また、社会問題となっているインフラ老朽化対策の補修・更生・更新工法用資材や、災害用マンホールトイレなどの防災製品もご提供しています。

タンクシステム事業では、私たちの生活にジャストフィットする高い品質を保持すべく、現在だけではなく次世代の生活環境・ライフスタイルを考慮した設計思想が大切と考え、毎日の生活に欠かすことのできない水を安定供給する、ベストの水槽として絶えず技術的に進化させていきます。

積水化学グループの
「3S精神(Service, Speed, Superiority)」のもと、

「3S精神(Service, Speed, Superiority)」

3つの満足(Satisfaction)を大切にしていきます。

お問い合わせ

Contact

用途から探すよくあるご質問をご閲覧いただいた上で、お探しの情報が見当たらない場合は、「お問い合わせ」をご利用ください。
お問い合わせの際、製品名などをあらかじめご確認いただけるとご案内がスムーズです。

関連企業