SX型(スクリュープレス)

SX型脱水機

構造及びフロー

SX型脱水機の構造及びフロー

製品説明

目詰まりしにくく、ろ過速度が高い

スクリューを内蔵している円筒部(バレル)を形づくっているのは、断面がくさび形のウェッジワイヤー群です。ウェッジワイヤーは極細のスリットを保ちながら、外部に向かって末広がりの空間を形成しているため、目詰まりが起きにくく、大きい開口率が確保されます。このため汚泥のろ過には最適で高いろ過速度、即ち大きい処理量と高い回収率がともに得られます。

低含水率を得るために

SX型脱水機は、加圧部の出口に脱水リングを設けています。スクリューの羽根により送られて、羽根と羽根との空間に充満しているケーキに対して、この脱水リングの働きにより進行方向と逆にブレーキをかけます。この結果、バレル内部の圧力を高める結果となります。従ってこのリングの数を増やすことにより、内圧はさらに高まり、処理量をおとすことなく、ケーキの含水率を効果的に下げることが可能となりました。

特長

  1. 1.幅広い適用分野
    1. ① 余剰活性汚泥
      (下水・産業廃水・し尿)
    2. ② 加圧浮上汚泥(産業廃水)
    3. ③ 凝集沈殿汚泥(産業廃水)
    4. ④ 含油汚泥(産業廃水)
  1. 2.ろ過速度が大きいので、
    処理量が増大する
    ウェッジワイヤー使用のため従来型の2~3倍に増える
  2. 3.洗浄水量が少ない
  3. 4.メンテナンス性が優れている
    部品点数が少なく、消耗品も不要

本体仕様

形式別標準仕様
(処理能力:加圧浮上汚泥の場合)
型式 SX-1 SX-2 SX-3 SX-4 SX-5 SX-6
処理能力(kg・DS/h) 10~15 20~30 40~60 60~90 100~150 160~240
電動機容量(kW) 0.75 1.50 1.50 2.20 2.20 3.70
外形寸法
(mm)
長さ 2,450 3,460 4,410 5,190 5,310 6,335
1,100 1,285 1,500 1,700 1,880 2,080
高さ 1,225 1,340 1,580 1,700 1,840 2,190
本体重量(kg) 1,100 1,500 2,500 3,700 5,000 7,000
ページトップヘ戻る