傾斜板沈降装置

セキスイ傾斜板沈降装置が沈降面積を増加。
沈澱池の処理能力を高めます。

傾斜板沈降装置

沈澱池は、懸濁物質やフロックの大部分を重力沈降により除去します。その処理能力向上には、沈澱池を階層化して沈降面積を増加することが有効な手段です。
この考え方を究極の形にした製品が、「傾斜板沈降装置」で、沈降面積の増加と推積物の滑落による排泥を同時に実現します。

特長

1.安全性
本装置は、厚生労働省令第15号第1条17の八「浄水又は浄水処理過程における水に接する資機材等の材質基準」に適合しています。
2.JWWA 認証取得

(社)日本水道協会の認証登録品です。

JWWA登録証書

3.小型化(省スペース)
傾斜板沈降装置を設置することで、
薬品沈澱池の大幅な小型化が可能です。
4.簡単に設置可能
既設の薬品の沈澱池にも本装置を増設することで、薬品沈澱池の大幅な小型化が可能です。
5.低いランニングコスト
運転操作や維持管理がほとんど不要です。
6.流況解析による最適配置
独自のシミュレーションにより沈澱池への最適な装置配置をご提案いたします。
お問い合わせください。

種類(適用:横流式沈澱池)

形式説明

傾斜板沈降装置は、沈澱池内に傾斜板を多数配置して一種の多階層式沈澱池を構成し、除去率を高めようとしたものです。
図1のように、水深Hの沈澱池に傾斜板を挿入したとすると、沈澱効果がH/h階層の多階層沈澱池を形成していると考えられます。沈降面積は傾斜板の配置角度に左右されます。同時に汚泥を自然に連続的に池底に滑り落とすために、ある程度の傾斜角が必要です。θ=60度あれば、ほぼ支障なく汚泥が滑り落ちます。
図2は、水平流が傾斜板を通過する際の除去汚濁過程を示しています。

図1、図2
※通信状況により、再生にお時間がかかる場合がございます。

傾斜板沈降装置の施工法は2タイプ

〈フック式〉長尺傾斜板

〈フック式〉上向流傾斜板

〈多段式〉傾斜板

傾斜板パネルの取付

〈フック式〉傾斜板パネル、〈多段式〉傾斜板パネル

設置効果事例

■設置前  沈澱池処理水濁度の推移(2003.4.1〜2006.12.31)

  1. 1. 各年とも、処理水濁度が1.0度を上回っている。
  2. 2. 冬期における濁度の数値が高い。
  3. 3. 後工程である濾過池への負担が大きい。(クリプトの暫定指針を満足できない可能性がある)

■設置工事中・後  処理水濁度の推移(工事開始2007.1〜2008.12.31)

  1. 1. 工事進捗に伴い、処理水濁度が減少する。
  2. 2. 工事完了後の運用において、処理水濁度は0.5度以下を維持している。
  3. 3. 冬期でも処理水濁度は0.5度以下を保っている。
  4. 4. 原水濁度が高くなっても、処理水濁度は0.5度以下と安定している。

表

オプション設計

傾斜板の清掃に空気洗浄装置

「空気洗浄装置」は管廊内にブロワを設置し、傾斜板沈降装置の最下段のフレームを散気管として配管を接続します。 ブロワの運転で散気管より空気泡を噴出することで、傾斜板沈降装置内を撹拌振動させて、傾斜板に付着した汚泥を剥離して傾斜板を清掃します。

  1. 1. 運転操作が簡単です。
  2. 2. 短時間の運転で、安全な清掃作業ができます。
  3. 3. 水抜き作業時に散水による清掃負担が軽減できます。
  4. 4. 小型ブロワによるブロック別運転で、省電力化に対応できます。

空気洗浄装置  稼働中

移動台車吊下げ仕様

移動台車に「傾斜板沈降装置」を吊下げ、必要に応じて設置位置を移動することで、維持管理作業時の利便性を確保することができます。

施工例

設計例

整流装置

懸濁物質やフロックを効果的に除去し、原水濁度変動への対応や処理工程の負荷を低減するために、沈澱池内の偏流の発生を抑制しなければなりません。
傾斜板沈降装置との組み合わせにより、優れた性能を発揮します。設計時にご検討ください。

施工例

ページトップヘ戻る